今日のBGM

聴きたくなった曲を載せるだけのブログ

実は八代亜紀ファンだったりします

f:id:akaigoro:20210612214516j:plain

 八代亜紀のニュースをやってると思ったら離婚報道だった。私は八代亜紀ファンでコンサートにも行ったことがある。コンサートの直後に熊本地震が来た。

 

  「なみだ恋」はカラオケ好きだった頃、レパートリーにしていた。

 

 

 一番好きな曲は「もう一度逢いたい」。

 

  

「おんな港町」もいい。今日は『キャンディ・キャンディ』研究白書の更新にいまいち気が乗らなくて、他のブログに逃げている。

マドンナ「マテリアル・ガール」のパクリと言われたレベッカ「Love Is Cash」

 レベッカの曲では「Love Is Cash」が一番好きで、シングルレコードも持っていた。

 

 マドンナ「マテリアル・ガール」のパクリと言われていて、「お前はドロボウのレコードを買うのか?」と言うヤツもいた。

 

f:id:akaigoro:20210131213636j:plain

 YouTubeで「Love Is Cash」を検索したら、「マテリアル・ガール」がサイドバーに出たのが地味におかしい。しかし、レベッカのベスト盤も欲しいと思い始めたのも事実だ。

 

湯川れい子さんとブライアン・アダムスの写真

 湯川さんのこの写真のせいで、急にブライアン・アダムスの「アイ・ドゥ・イット・フォー・ユー」が聴きたくなった。

 

 『レックレス』 は毎日のように聴いていた名盤だが、シングルで一番好きなのはこの曲だったりする。『ソー・ファー・ソー・グッド』を引っ張り出して久しぶりに聴いてみた。

 

 当たり前だが動画のブライアンが若い。そして熱い。「東京レコードMAP」を持って中古盤屋めぐりをして、ジョエル・ホイットバーン『ビルボードTOP40』にかじりついた昔がよみがえってくる。本当に洋楽しか興味がなかったあの頃。ブライアンのライブも見る機会があったら面白そうと思った。

https://twitter.com/akaigoro 

 

湯川れい子さんとコリー・ハートの写真

 アルバム『ボーイ・イン・ザ・ボックス』は昔から好きで、今でもよく聴いている。「ネバー・サレンダー」はレコードも持っていた。

 

 カナダ人の知り合いに「コリー・ハートの『ネバー・サレンダー』はいいですね」と言ったら、「よく知ってるね。すごいネ」と大喜び。彼はコリー・ハート、ブライアン・アダムス、ラットを誇りにしていた。

 

 このアルバムはハズレ曲なしで、「エヴリシング・イン・マイ・ハート」も好きだった。「ウェイティング・フォー・ユー」も捨てがたい名曲だ。

 

 出世作の「サングラス・アット・ナイト」もカッコいい。曲もPVもイカしている。

 

 湯川れい子さんは『MUSIC LIFE』でこの曲を絶賛していたという記憶がある。私はアルバム『フィールズ・オブ・ファイア』では、ファーストシングル「アイ・アム・バイ・ユア・サイド」よりも「ダンシング・ウィズ・マイ・ミラー」が好きだった。

 

 コリー・ハートにハマっていた昔は、自分に自信が持てなくて不安ばかり持っていた。今は体も鍛えるようになったし、格闘技もやるようになって、あの頃なりたかった自分にはなれた。湯川さんの写真でそんな昔をふと思い出した。

赤井五朗 (@akaigoro) | Twitter