今日のBGM

聴きたくなった曲を載せるだけのブログ

私が好きなオリビア・ニュートン・ジョンのデュエット曲

 湯川れい子さんがアップしたオリビア・ニュートン・ジョンの写真を見たら、オリビア熱が止まらなくなった。動画を見ていたら、好きな曲がたくさん出てきたので、デュエット曲だけを選んでみた。

 

 オリビアのデュエット曲ではなんといってもこれ。ジョン・トラボルタとは『グリース』の曲のほうがおなじみだが、曲の出来は断然この曲。しかし、『セカンド・チャンス』は、ちょっと残念な映画だった気がする。

 

 

 『ザナドゥ』サントラも全曲ハズレなしの名盤で、クリフ・リチャードとのデュエット「恋の予感」(20位)、ジーン・ケリーとの「気の合うふたり」が好きでよく聴いた。

 

 久々に聞いたらこの曲のオリビアの歌声もよかった。しかし、音楽の記事を書くのがきついこと。YouTubeで動画をあさり、ジョエル・ホイットバーンの本でチャート最高位を調べ、気が付くと時間が経っている。それでも思いつくとやらずにいられないのは、洋楽にハマっていた頃の思いが止まらないのだ。ああ、やだやだ。業というやつかもしれない。